クリーニング工場にはシステム導入が重要!業界の動向から考えるシステム化の重要性

クリーニング工場のシステム導入は、非常に重要な施策の一つだと考えられます。近年の市場動向を踏まえても、RFIDやバーコードなどの活用によるシステム導入は重要です。この記事では、クリーニング業界におけるシステム化の重要性や今後の動向と課題について解説します。

顧客獲得のためにはシステム導入が必須!クリーニング業界の現状

説明する女性

クリーニング業界は、以下の職種・業務範囲に分かれています。

  • 営業部門
  • 集配部門
  • 取次店
  • 洗濯部門

クリーニング業において要ともいえる洗濯部門では、非常に多くの工程と作業が求められます。作業が複雑化・煩雑化するほど、人為的なミスは発生しやすくなります。そのため、システムを導入することによる省力化や合理化が非常に効果的なのです。

例えば、以下の工程・作業には、自動化を進められる余地があります。

入荷検品・仕訳

自動化できる作業としてまず挙げられるのが、検品・仕分け作業です。システムによる自動化の例は、画像やRFIDによる連続かつ自動の仕分けが考えられます。また、X線による異物の検査や重量測定などもシステムによる自動化の例です。

大量の衣類を検品・仕分けするクリーニング工場においては、自動化を進めることで省力化できるだけでなく、ミスを減らせるという点も大きなメリットだと考えられます。

分配

クリーニング作業が終わった衣類の仕分けも、自動化が可能です。有限会社キャットテイルでも、「品物につけられた無線タグやバーコードを読み取ることで出荷先別に自動分配するアプリケーション」の納入実績があります。

進捗確認・管理

システムによる効率化が望める工程には、作業の進捗確認・管理も挙げられます。タグのスキャンによって作業記録を行い、各店舗や管理部門で共有するシステムも考えられます。

クリーニング工場における制御関係や機械設備に関しては、有限会社キャットテイルにお気軽にご相談ください。様々な生産技術や設備関係に関する対応が可能です。

今後の動向と課題について

説明する女の子

クリーニング業界の市場は、近年非常に厳しい状況にあると考えられています。

クリーニング市場の動向

平成30年に厚生労働省が発表した資料によると、クリーニングに対する需要は以下のとおり年々下降傾向にあります。

年度 全国需要規模推計
2010年 4,160億円
2011年 3,916億円
2012年 3,994億円
2013年 3,815億円
2014年 3,937億円
2015年 3,655億円
2016年 3,692億円

参考:厚生労働省「クリーニング業の実態と経営改善の方策」

クリーニング業の市場規模が縮小傾向にある原因としては、以下が考えられます。

  • 人口減少(少子高齢化)
  • 家庭での洗濯がしやすくなった
  • 低価格衣類の浸透

最も大きい要因として考えられるのが、人口減少です。また、衣類や素材の高機能化、家庭用洗剤の機能向上などにより家庭で洗濯しやすくなったことも要因の一つと考えられます。

コロナ禍の影響

コロナ禍になって在宅ワークが増えたことも、クリーニング業界を厳しい状況にしている要因の一つです。在宅時間が増えたことにより、できることは自分で行うという思考が強まっているのです。

クリーニング業の今後

人口の減少とともに、クリーニング店の店舗数も減少傾向にあります。クリーニング店舗が減少していく中では「いかに無駄な作業を省き、注力すべき業務に人員を割くか」ということが重要です。そのために工場の省人化や効率化を進めることで、生産性の向上が求められていくでしょう。

また近年では洗濯ものをネットで依頼して回収してもらい、クリーニング工場で洗濯したものを宅配してくれるサービスを活用するユーザーが増えてきています。自宅にいる時間が増えたために需要が高まっています。

省人化・効率化のポイントは、テクノロジーの活用です。クリーニング業界にはまだテクノロジー活用の余地があり、導入することでビジネスが大きく変わることも考えられます。

クリーニング業界にはRFIDやバーコードを活用したシステム導入が重要!

クリーニングの業務には、システム導入による省人化・効率化の余地が非常に多くあります。検品や仕分け、分配など、様々な作業工程においてシステムを導入することで、業務効率の向上が見込めます。クリーニング業界は現状市場縮小傾向にあり、システム導入によって省人化・効率化を図ることが求められます。

有限会社キャットテイルでは、クリーニング工場における制御関係や機械設備のご相談を承っております。生産ラインの自動化に関してもお気軽にご相談ください。

>> 有限会社キャットテイルへのお問い合わせはこちら

製造業のシステム開発・導入のお役立ちコラム

クリーニング工場のRFIDやバーコードシステム化をお考えなら有限会社キャットテイルへ

会社名 有限会社キャットテイル
代表者 高秀真次
会社設立 2003年(平成15年)11月4日 千葉県にて起業
2014年に山梨県に移転
住所 〒400-0053 山梨県甲府市大里町4286 ウイステリア藤1-106
TEL 090-8584-1089
メール info@cat-tail.co.jp
URL https://www.cat-tail.co.jp/