工場の生産ラインを自動化 生産性向上のメリット・必要なこと

工場の生産ライン自動化には生産性を向上させるメリットがあるといわれています。自動化によって、コストカットや人材不足の解消など、現在直面している問題を解決できる糸口が見つかるかもしれません。

工場の生産ラインの自動化を図ろう!生産性向上のメリット

生産性向上のメリット

工場の生産ラインは、自動化によって生産性が向上するといわれています。生産性を上げたときのメリットについて解説します。

利益が増える

生産性が上がると、従来よりも多くの製品を作り販売することが可能になります。その分だけ利益が増えて会社が潤い、従業員への還元率も高められるところが大きなメリットです。

また、製造数不足によって見送っていた新規案件のチャンスも獲得しやすくなります。

コストカット

生産性の向上によって従来の資金・時間・人員でさらにたくさんの製品を製造できるようになり、コストカットへつなげられるのも魅力です。コストカットで利益が増えれば、新しい設備の導入などに資金を回すことができ、会社を大きくするために役立ちます。

人手不足の解消

近年は労働人口が減少傾向になり、人出不足に悩む工場も少なくありません。1人あたりの生産性が上がり少人数でも目標数に到達できれば、人手不足問題が解決します。

従業員の負担軽減とモチベーションの向上

重い作業負担や長時間労働は、従業員のストレスや会社への不満につながる場合があります。従業員のモチベーション低下は製品の品質にも関わる大きな問題です。生産性の向上によって作業負担が軽くなれば従業員にも余裕ができ、よりよい仕事を行うためのモチベーションにつながります。

競争力がつく

生産数を増やせば、規模の小さい会社でも大手企業に負けない競争力を得る可能性が上がります。日本国内だけでなく国際的な競争力があれば、グローバルな事業展開も夢ではありません。日本は他国と比べて労働生産性が低いといわれていますが、その課題をクリアできれば世界的な存在感を発揮できるはずです。

品質の維持

生産性を上げるには、作業時のミスや不良品によるロスを減らす必要があります。最新テクノロジーの導入やマニュアルの見直しなどを行えば、生産性が上がるのと同時に品質の維持にもつなげられます。

システム開発を業者へ依頼!生産性向上のために何が必要?

施策を考える女性

生産性を上げるためには、しっかりとした施策を考えることが大切です。ここでは生産性を向上させるために必要なことについて解説しますので、参考にしてみてください。

現在の状況を分析する

生産性が鈍くなっている場合、効率が悪い工程があると考えられます。生産性に関する現在の状況を分析して問題を明確化し、解決のための糸口を見つけることが大切です。問題点の明確化は担当者1人では把握しきれないこともあるため、従業員全体に協力してもらうことがポイントとなります。

整理整頓や清掃などを徹底する

業務に必要なものがどこにあるかわからなかったり、散らかっていたりする工場は、自然と生産性が落ちます。基本的なことではありますが、整理整頓や清掃を徹底することで生産性が上がることがあります。そのためには、従業員の教育を根本からやり直し、生産効率がいかに大切か理解してもらうことが重要です。

レイアウトを見直す

生産に適したレイアウトは、作業の方法や製造するものによって変わります。最適なレイアウトでなければ作業に時間がかかり、生産性が落ちる可能性があるため注意が必要です。現在のレイアウトが本当に最適なのか見直し、場合によっては修正を検討する必要があります。

最新テクノロジーの活用

最新テクノロジーを活用し現場の効率化を計るのも1つの方法です。近年は、難しい機械操作をパソコンが自動的に行うロボティック・プロセス・オートメーションなどの技術が注目されています。最新技術の導入にはコストもかかりますが、将来的にさらなるテクノロジーの発展が予想されるため、費用対効果を考えながら検討してみてください。

工場の生産ライン自動化は有限会社キャットテイルへ

工場の生産ライン自動化は、利益が増えたり、人材不足が解消したり、様々なメリットを期待できるところが魅力です。また、生産性を上げるためには現在の状況を分析する他、最新テクノロジーの導入もポイントとなります。

工場の生産ライン自動化を検討している場合は、有限会社キャットテイルへご相談ください。機械整備や部品設計を始めとしたパートナー提携を活かして、お客様のご希望を叶えるためのサポートをさせていただきます。

>> 有限会社キャットテイルの概要はこちらをご覧ください。

製造業のシステム開発・導入のお役立ちコラム

工場の生産ライン自動化システム開発の依頼は有限会社キャットテイルへ

会社名 有限会社キャットテイル
代表者 高秀真次
会社設立 2003年(平成15年)11月4日 千葉県にて起業
2014年に山梨県に移転
住所 〒400-0053 山梨県甲府市大里町4286 ウイステリア藤1-106
TEL 090-8584-1089
メール info@cat-tail.co.jp
URL https://www.cat-tail.co.jp/